屋外水栓がある住宅は多く、非常に便利に水を外で使うことができますが、経年劣化により蛇口から水漏れが起きてしまうことは避けられません。屋外にある以上、野ざらしで常に天候に左右されてしまうこともあり、修理が必要になるタイミングは必ず来てしまいます。シングルタイプの単水栓のものが多く、ハンドルは1つのみで回すタイプが殆どの住宅で使われています。ハンドルをきちんと閉めても、先端のパイプから蛇口の水漏れが起きている場合、基本的な修理はゴムパッキンの交換で済ませられることが多いものです。

ハンドルのネジを回すことでハンドルを外せるので、その中に取り付けられているコマとゴムパッキンを交換するだけという簡単な作業です。この方法で直せない場合は、蛇口本体に歪が生じている可能性があるので、本体ごと交換することで水漏れを完全に修理できます。単水栓で屋外水栓用の蛇口本体は2、000円以下で購入できる部品が多いので、大きな経費は掛かることはありません。水漏れの現象で屋外水栓の場合は、水道管から漏れてしまう事例もあります。

劣化による穴が開いたり、飛び石により穴が開く可能性もゼロではありません。もしも水道管が原因となっている場合は、普通の修理作業では太刀打ちできないので、修理の専門会社に依頼をすることが必要です。その際の工事は地面に穴を掘って根本の接合箇所から新しい水道管に交換する方法なので、工事を済ませれば再び長く使い続けることができるように施せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です