家庭内に設置されている蛇口が劣化してしまい、水漏れが起きている場合では専門会社に任せると、完全に修理を済ませることは可能です。少し手の器用な方であれば、DIYの範囲でも直すことはでき、範囲はゴムパッキンやコマパッキンの交換程度に限定されますが、決して難しい作業ではありません。蛇口の水漏れの状態が激しい場合や、蛇口自体が劣化していて表面の光沢も無くなっているような環境では、パッキンによる水漏れの修理では不十分な可能性も出てしまうことは事実です。あまりに古いタイプの場合は、金属の本体自体が歪みが出ている可能性もあるので、この機会に修理ではなく交換を依頼することも選択肢では間違ってはいません。

多くのケースで、該当する蛇口の場合は専門会社側で新規交換を推奨されるので、必然的に新品に交換する選択肢は与えられるものですが、水回りの場所によっては本体の種類も新しいものへと変えてみる方法も生活を楽にできます。キッチンやバスルームに用いているものでは、お湯と水の2つのパイプが別々に設置されている場合もあり、古い住宅には多い傾向があります。別々の場合は混合栓を選んで交換作業を行ってもらうと便利な水回りに変化させられます。既に混合栓を用いている住宅でも、いわゆるツーハンドルという蛇口があります。

お湯と水の2つのハンドルが付けられているものですが、この機種の場合でも1つのレバー式に交換すると、更に使い勝手の良さを体感でき、長持ちさせることに役立ちます。修理だけではなく設備そのものを見直すことも良い結果を生み出せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です