蛇口の水漏れが見つかった場合、すぐに修理を依頼したいところですが、その前にやることがあります。まず、連絡するときにどのような状況であるのか説明できた方が良いので、勢いが激しくないのであれば実際に水が出ている場所がどこであるのか確認します。蛇口から水が垂れていても、漏れている場所が別なら修理方法も異なるので慌てずに調べて写真や動画などに残しておくと安心です。位置が特定できた、または勢いが強いときは止水栓を閉めて水を止めます。

そのままにしていれば被害が大きくなり、水道料金も高くなるので忘れずに対応する必要があります。通常はシンクや洗面台の下にありますが、見つからないときは元栓を閉めて家全体の水を止めます。蛇口の水漏れの修理は自分でもできる場合があるので、工具が揃っており、ある程度の知識があれば試してみると節約できてお得です。確認するポイントはネジの緩みと、接続部にあるパッキンの破損です。

パッキンは10年程度で壊れ始めますが、ホームセンターなどで購入が可能です。いくつか形があるので、同じものを探して交換しましょう。勢いが激しくで自分で対応している余裕がなかったり直せる自信がない、原因を特定できない場合などは専門家に依頼した方が良いです。蛇口そのものが破損している水漏れの修理は素人が行うのは難しいため、依頼するのが確実です。

なお、もし賃貸物件に居住している場合には、使い方に問題がなければオーナーや管理会社が費用を負担するので、こちらに連絡をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です